ETCカード

ETCカードはデビットカードで発行できない!クレジットカードなしで入手する方法

 

デビットカードでもETCカードを発行できるのかな…。

有料道路の料金所をスイスイ通過することができる上、大幅な割引も享受することができるETCカード。普段から有料道路を利用している方であれば、絶対に備えておきたいですよね。

ところが、クレジットカードの審査に通過できずに困っている方もいます。そのような方の中には、こう考える方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードからの紐付けで発行できるのであれば、デビットカードからでもETCカードは作成可能なはず。

残念なことに、結論を言うとデビットカードでETCカードを発行することはできません。その理由や、クレジットカード以外でのETCカード発行方法も合わせて解説していきます。

ETCカードはデビットカードでは発行できない

クレジットカードが無理なら審査なしのデビットカードで…。

と考える方もいるかもしれませんが、残念ながら、デビットカードの紐付けでETCカードを作成することはできません。

ここではまず、なぜデビットカードではETCカードを発行できないかを紹介しておきましょう。

デビットカードは即時決済

そもそも、クレジットカードとデビットカードの違いはどういったところにあるのでしょうか?両者の審査の有無というのがまずは大きく異なる点ですが、今回最も注目すべき点は、デビットカードが即時決済であるということ。

クレジットカードは利用した分が後日に一括で請求されるという仕様ですが、デビットカードはそうではありません。一回一回の決済に対し、指定されている銀行口座から即時に引き落としがかかるというシステムになっているのです。

残高不足の場合、カードの利用ができない

ここで鋭い方ならお気付きの通り、指定された銀行口座に十分な残高が残されていない場合には、そもそもデビットカードによる決済ができないということになります。これが、デビットカードからの紐付けでETCカードを取得できない理由です。

仮にデビットカードからのETCカードを容認してしまうと、残高不足だった場合に、ETCのゲートバーが開かずに衝突し、大事故に発展する…。といったリスクが想定されますよね。

また、そもそもETCカードというのは、高速道路における渋滞緩和が目的として発行されたものであるため、残高の状況によっては利用できないETCカードを導入するわけにはいかないのです。

したがって、どのデビットカードを選択しようとも、そこからETCカードを作成することはできないと覚えておきましょう。

クレジットカードなしでETCカードを発行する方法は2つ

じゃあクレジットカードが発行できない人はどうすればいいんだ!

と困ってしまう方もいるかと思います。そこで、クレジットカードを発行しなくてもETCカードを発行する方法が、以下の2つの方法です。

  • ETCパーソナルカードを発行する
  • ETC法人カードを発行する

そう。たとえクレジットカードが発行できずにいる方でも、きちんとETC専用のカードが用意されているんですね。ここでは、この2枚のETC専用カードの申し込み方法や条件について解説していきたいと思います。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、以下の6社が共同で発行しているETCカードです。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

パーソナルという名称の通り、個人向けのETC専用カードですね。ちなみに機能や割引率に関しては、一般的なETCカードと変わりません。

ETCパーソナルカードで得られる割引

ETCパーソナルカードで享受できる割引には大きく分けて、以下の3種類があります。

  • 平日朝夕割引
  • 深夜割引
  • 休日割引

ETCパーソナルカードは、深夜割引および休日割引に関してはデフォルトで備わっていますが、平日朝夕割引を享受するためには、事前にETCマイレージサービスに登録する必要があります。

ちなみにETCマイレージサービスに登録しておくことで、平日朝夕割引を受けられる他、利用ごとにポイントを獲得することができ、貯まったポイントは、無料通行分として使うことができますよ。

ETCマイレージの登録方法は『ETCカードをマイレージに登録する方法・手順【還元率やお得さを知ろう!】』の記事で詳しく解説しています。

ETCカードをマイレージに登録する方法・手順【還元率やお得さを知ろう!】ETCカードで割引を受けるにはETCマイレージに登録が必須です。ETCマイレージに登録すれば、通行料金の割引はもちろん、ポイントまで貯めることができます。そこで、ここではETCマイレージの登録方法や、割引の概要、貯めたポイントの使い道について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

ここで、ETCパーソナルカードで得られる3種類の割引の詳細を確認してみましょう。

割引の種類平日朝夕割引深夜割引休日割引
時間帯(対象日)・朝6時〜9時
・夕方17時〜20時
※割引はそれぞれの時間帯において1日1回のみ
毎日0時〜4時・土曜日
・日曜日
・祝日
・1月2日
・1月3日の終日
割引率※別表参照30%
対象車種すべての車種・普通車
・軽自動車(二輪車など)
対象道路・NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)
・宮城県道路公社の仙台松島道路
・NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する全国の高速道路
・宮城県道路公社の仙台松島道路
※京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路を除く
・NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)
・宮城県道路公社の仙台松島道路

※別紙参照の割引概要は以下の通りです。

  • ETCカードごとの1ヶ月(1日から末日まで)の割引対象となる利用回数に応じた還元率を、割引対象区間の通行料金のうち最大100km相当分に適用。
  • 還元分は、利用月の翌月20日にETCマイレージサービスの還元額(無料通行分)として付与
1ヶ月の割引対象となる利用回数と還元率
5回〜9回まで通行料金のうち、最大100km相当分を約30%還元
10回以上通行料金のうち、最大100km相当分を約50%還元

※1ヶ月における利用回数が5回に達しない場合は適用なし

ETCパーソナルカードは、平日朝夕割引において最大で50%の割引を享受できる仕様となっています。対象の時間帯に有料道路を利用するのであれば、是非ともETCマイレージサービスには登録しておきたいですね。

また、平日朝夕割引および深夜割引についてはすべての車両が対象となっていますが、休日割引に関しては、普通車や軽自動車など、一部の車両のみが対象となっている点には注意が必要です。

ETCの割引については『ETCカードの割引料金はいくら?平日や土日の割引額を解説!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

ETCカードの割引料金はいくら?平日や土日の割引額を解説!ETCカードの割引はかなり大きなものなので、必ず受けれるようにしましょう。今でも現金払いは可能ですが、ETCカードを使うのとでは大きな差がつきます。では、ETCカードで得られる割引はどのくらいあるのかを詳しく解説します。また、ETCの割引を受ける方法についても合わせて解説しています。...

ETCパーソナルカードの作成方法

ETCパーソナルカードは、以下の手順で作成することができます。

  1. 申込書を入手する
  2. 申込書に必要事項を記載し、パーソナルカード事務局に送付する
  3. 所定のデポジットを振り込む
  4. ETCパーソナルカードの到着を待つ

ここで残念なお知らせが一点。なんと、ETCパーソナルカードの作成は、インターネットに対応していないのです。

ネットでありとあらゆることがスムーズに進むこの時代に…。」と不満を覚える方もいるかもしれませんが、これに関してはどうしようもありません。素直に申込書を取得することから始めましょう。

申込書の入手ですが、以下の2通りの方法があります。

  • 高速道路のサービスエリアでもらう
    少しでも早くETCパーソナルカードを手に入れたい方にはこちらがおすすめです。
  • ETCパーソナルカード事務局に電話して送付してもらう
    サービスエリアに行くのが難しいとか、そこまで発行を急いでいない方であれば、ETCパーソナルカード事務局に郵送してもらうという方法もあります。

【ETCパーソナルカード事務局】
TEL 044-870-7333
(土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)

ちなみにETCパーソナルカードの『公式ホームページ』によると、デポジットの振込から実際にカードが手元に届くまでには、おおよそ2週間程度の期間を要する旨が記載されています。この点も参考にしながら、いずれかの方法を選択すると良いでしょう。

ETCパーソナルカードにはデポジットと年会費が必要

ETCパーソナルカードは審査なしで発行できるのが魅力ですが、デポジットや年会費が必要という条件があります。

  • デポジット:最低20,000円
  • 年会費:1,234円

デポジットはカードを解約する際に戻ってくる預託金ですが、お金のやりくりに余裕がない方にとっては、一時的な出費とはいえなかなか痛いですね。

また、ランニングコストとして毎年1,234円がかかってくることもデメリットと言えます。これらは、ETCカードを審査なしで発行できる代わりに目を瞑らなければいけない項目と思っておきましょう。

デポジットの詳細

ETCパーソナルカードのデポジットの仕組みは以下の通りです。

月間平均利用額
(5,000円単位で切り上げ)
デポジット額
5,000円20,000円
10,000円40,000円
15,000円60,000円
20,000円80,000円

有料道路の月間平均利用額の4倍を預ける」というのが基本ルールです。

たとえば、月間平均利用額が12,000円の場合、納めるべきデポジットは60,000円となります(5,000円単位で切り上げとなるため、12,000円→15,000円と見なされる)

デポジットには、利用〜支払いまでの期間において、通行料金の債務を保証するという意味合いが込められているため、通行料金の支払いに充当することはできないことには注意が必要です。

ここまで紹介してきたETCパーソナルカードの発行方法を『ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・かかるデポジットを解説』の記事で更に詳しく解説していますので、個人で発行したい方は参考にしてみてください。

ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・かかるデポジットを解説ETCパーソナルカードはクレジットカードが作れない方でも、審査なしで発行できるETCカードです。そんなメリットがあるETCパーソナルカードですが、実はデメリットと感じる部分もあります。まずはETCパーソナルカードの作り方や感じるメリット・デメリット・デポジットの詳細について詳しく解説しています。...

法人ETCカード

さて、続いては法人ETCカードの詳細をみていきます。法人ETCカードはその名の通り、法人や個人事業主向けのETC専用カードで、高速情報共同組合が発行しています。

法人ETCカードも、審査不要で発行できるカードとなります。創業したてで経営が軌道に乗っていない法人企業や、独立して間もない個人事業主の方にとっては、審査がないというのは非常にありがたいですね。

前述のETCパーソナルカードとは異なり、ETCマイレージサービスには登録することができないため、平日朝夕割引の適用はありません。したがって、休日・深夜割引の30%オフのみが適用されます。

法人ETCカードの作成方法

法人ETCカードは、以下の流れで作成することができます。

  1. 公式ホームページのメールフォームより申し込みをする
  2. カード申込書が郵送されてくる
  3. 申込書・必要書類を組合に返送し、出資金を入金する
  4. 法人ETCカードが発送されてくる

ETCパーソナルカードはインターネットの申し込みに対応していませんが、こちらは公式ホームページからの申請が可能です。ちなみに、③の手続きを終えてからおおよそ10日程度で、法人ETCカードが発行されるます。

必要書類

法人ETCカードを発行するには、以下の書類が必要となります。

  • 商業登記簿謄本(法人の場合)※写し可
  • 所得税確定申告書(個人事業主の場合)※写し可
  • 車検証(写し)
  • ETC車載器セットアップ証明書(写し)

ここでETC車載器のセットアップについて、少しだけ解説を加えておきましょう。そもそもセットアップとは、車載器に車両情報を登録することを意味します。

基本的には、車載器を購入する店舗において一通りの手続きをしてもらえるため、車検証をもとに、申込書(店舗で受け取り可能)への記入をするだけでOKです。登録およびセットアップが完了すれば、セットアップ証明書を受け取ることができるため、大切に保管しておきましょう。

法人ETCカードには様々な手数料がかかる

ETCパーソナルカードはデポジットに加え、年会費が必要であることは前述した通りですが、ETC法人カードの場合はどうでしょうか。実は法人ETCカードを所有するためには、以下のような複数の費用が求められます。

  • 出資金(脱退時返金):10,000円/1社
  • カード発行手数料:540円(税込)/1枚
  • 取扱手数料:540円(税込)/1枚(年1回)
  • その他手数料:毎月の走行距離の5%

出資金(デポジット)はETCパーソナルカードより安いですが、その他の手数料を含むとなかなかの出費となります。特に厄介なのが、毎月の走行距離の5%がかかるというもの。

法人ETCカードを作成しようとする企業は大抵、ビジネスにおいて頻繁に高速道路を利用するような会社です。その点を踏まえると、走行距離の5%は相当な手数料になることが予測されます。

このように考えれば、カード発行後のランニングコストはETCパーソナルカードより高くつくことになると言えるでしょう。と言っても、信用がまだ低い創業期には、法人用のクレジットカードが作りにくいことを考えると、信用ができるまでの繋ぎとしてETC法人カードとして利用するしかありません。

まずは、年間でどれほどのランニングコストが必要になるかを十分に計算した上で、ビジネスにおける投資額として妥当であるかどうかを判断しておくことが大切ですね。

ETCカードを審査なしで発行する方法は『ETCカードを審査なし・クレジットカードなしの作り方!会社員・個人事業主・法人も!』の記事でも詳しく解説しています。

まとめ

高速道路において多大なメリットを享受することができるETCカードは、デビットカードからの紐付けでは発行できません。デビットカードは即時決済がなされるカードであり、渋滞を緩和するという本来のETCカードの目的に沿わないためです。

ただし、クレジットカードの審査に通過できずに困っているような方でも、ETCパーソナルカードやETC法人カードであれば、審査なしで作成することができます。

デポジットやランニングコストがかかる点はデメリットと言えますが、クレジットカードが発行できない事情を抱えている方にとっては、ありがたいカードと言えるでしょう。

ぜひ、本記事を改めて振り返っていただき、それぞれのETCカードの特徴を十分に理解した上で、カードの発行手続きをしてみてください。

年会費無料で発行できるおすすめETCカードはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です