クレジットカード

ライフカードの評判は?ライフカードで得られるメリット・デメリット

 

ライフカードはETCカードを含めて全部無料で持てる!

多くの人から人気と支持を得ているライフカードですが、一体どんな特徴のあるクレジットカードなのでしょうか?

ここでは、誕生日月には還元率が大幅にアップするなどの特典を備えたライフカードのメリット・デメリットに迫っていきたいと思います。

実際にライフカードを利用している方の評判/口コミにも触れながら解説を加えていきますので、これからライフカードを発行しようと考えている方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてくださいね。

ライフカードの基本情報

ライフカード
年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

ライフカードはETCカードや家族カードまでを含め、完全無料で保持することができます。国際ブランドもVISA、MasterCard、JCBと主要なブランドをおさえているので、他のクレジットカードとの使い合わせも申し分ないですね。

還元率は0.5%

一般加盟店でライフカードを利用すると、1,000円ごとに1ポイントのライフサンクスポイントが貯まります。ライフサンクスポイントは1ポイントで5円相当の価値があるため、還元率は0.5%となります。

決して高還元率と言える値ではないですが、「ライフカードの嬉しいメリット」の項で紹介する方法を活用すれば、還元率を伸ばしていくことができますよ。

ライフサンクスポイントの活用法

貯まったライフサンクスポイントは、以下のようなポイントへ移行して使うことができます。

  • dポイント
  • ベルメゾンポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • au WALLETポイント
  • Gポイント

他社ポイントに移行する他には、各種商品やギフトカードなどと交換することも可能です。ちなみに、公式ホームページでは、おすすめのコースとして、以下のようなコースが推奨されています。

  • LIFEセレクション(dysonやギフトカードなど)
  • 期間限定コース(ミキサーやホームベーカリーなど)
  • インテリア家電コース(オーブントースターやワインセラーなど)
  • 快眠・寝具コース
  • 全国のお米厳選コース
  • お酒の「カクヤス」コース
  • 築地お取り寄せコース

様々な商品を眺めていると、頑張ってポイントを貯めようと思う気持ちがふつふつと湧き上がってくるものです。ぜひあなたも、公式ホームページでカタログを確認してみてください。

ちなみにライフサンクスポイントの有効期限は5年とされているため、比較的じっくりとポイントを貯めていくことができます。貯まりに貯まったポイントをドカンと一気に活用するのも気持ち良さそうですね。

ライフカードの嬉しいメリット

さて、ライフサンクスポイントをどんなふうに活用していけるかをご理解していただいたところで次に、ライフカードの嬉しいメリットについてみていきましょう。

前述の通り、ライフカードの還元率はお世辞にも高いとは言えませんが、その弱点をカバーすることができるメリットを以下に紹介していきますよ。ぜひここを熟読していただき、節約上手を目指しましょう。

年間利用額に応じてポイント還元率が上がる!

初年度は1.5倍!2年目以降は利用額に応じて還元率アップライフカードは入会後の1年間、還元率が1.5倍(0.75%)に優遇されるという仕様になっています。

また、2年目以降に関しては、前年の利用額に応じて還元率が上がるため、普段からクレジットカードの利用が多い方にとっては、節約効果を高めていきやすい一枚と言えます。

これに加え、年間50万円以上の利用があれば、ボーナスポイントが上乗せされるという特典もあります。ここまでの内容を以下の表で確認してみましょう。

前年の年間利用額ステージ還元率ボーナスポイント
50万円未満レギュラーステージ0.5%なし
50万円以上スペシャルステージ0.75%300ポイント
100万円以上ロイヤルステージ0.9%300ポイント
200万円以上プレミアムステージ1%300ポイント

仮に毎年200万円以上の決済をするヘビーユーザーの方であれば、常に1%の還元を得られるクレジットカードに変わるというわけですね。ボーナスポイントとして300ポイントの付与もあるので、お得感もひとしおです。

300ポイントを0.5%の還元で獲得しようと思うと、実に6万円の決済が必要となります。この点を踏まえれば、せめて年間50万円のボーダーラインは達成したいとことですね。年間50万円であれば、一ヶ月あたりおおよそ42,000円の計算となります。

各種公共料金や携帯電話料金の他、様々な支払いをライフカードに集約していれば、十分に達成できるラインなので、ぜひここを一つの目安としてみてください。

誕生月はポイント3倍

ライフカード誕生月ライフカードの大きなメリットとして、誕生日月はポイントが3倍にアップするという特典があります。大きな買い物を控えている場合などは、ぜひこの誕生日月に購入をしたいものですね。

ちなみに前述のステージに応じた還元率の優遇と重ねて利用できる特典ではないため、誕生日月の還元率は常に1.5%ということになります。

  • 通常:0.5%
  • 誕生月:1.5%

1.5%はプレミアムステージを大きく凌駕する還元率です。ライフカードユーザーにとっては、まさに積極的に決済をしなければ損というタイミングが、誕生日月と言えるでしょう。

もちろん、特に必要のない買い物をしてしまうのは本末転倒ですから、必要な買い物をリストアップし、誕生日月に一点集中させるという買い物の仕方がおすすめですよ。

MasterCardならau WALLETへのクレジットチャージでポイント2重取り

auWALLETカードau WALLETを普段使いしている方や、これからau WALLETを日常に取り入れていこうと考えている方であれば、国際ブランドでMasterCardを選択すると良いでしょう。ライフカードからのチャージでも、ポイント付与を受けることができます。

ここで嬉しいのが、ステージによる還元率アップや、誕生日月のポイント3倍も適用されるという点です。

たとえば、誕生月にドカンとau WALLETへチャージし、チャージされたau WALLETで決済をすれば、1.5%(誕生月のライフカード決済分)+0.5%(au WALLET決済分)で合計2%の還元を享受することが可能となります。

au WALLETのユーザーであれば、ここを活用しない手はありませんね。

L-mallでネットショッピングがお得

L-mallライフカードの会員は、ネットショッピングでもお得に買い物を進めることができます。
ライフカード会員サイトである『L-mall』を経由し、対象のショップで買い物をすると、獲得できるポイントが最低でも2倍以上になります。

還元率店舗名
還元率が2倍
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ポンパレモール
  • ベルメゾンネット
  • SEIYUドットコム
  • DHCオンラインショップ
  • Apple Store
  • TSUTAYAオンライン
  • じゃらん
  • ジーユーオンラインストア
還元率が3倍
  • LOHACO
  • ニッセン
  • ビックカメラ.com
  • JTB
  • i LUMINE
  • ABC-Mart.net
特に優遇
  • セブンネットショッピング(2%)
  • FANCL(2%)
  • ホットペッパーグルメ(2%)
  • 爽快ドラッグ(2.5%)
  • JINS(3%)
  • エクスペディア(3%)
  • iTunes Store(4%)
  • BookLive!(5.5%)

これらの還元率はあくまでもデフォルトの値であり、L-mallでは常にどこかしらのショップがキャンペーンで還元率アップの対象になっています。

タイミングよく、お気に入りのショップでキャンペーンが開催されていれば、すかさず購入することで、節約効果を高めていきましょう。

ライフカードの気になるデメリット

さて、ライフカードのメリットについてはあらかた理解できたでしょうか。次に、ライフカードのデメリットに関しても目を通しておきたいと思います。

やはり、どんなクレジットカードでもそうですが、メリットだけでなく、デメリットまでを把握しておくことで、上手に活用していくことができますよ。

基本還元率が0.5%と低い

本記事でも既に述べている通り、基本還元率0.5%というのは効率的に節約効果を高めていける数値ではありません。

同じ年会費無料のクレジットカードでも、1%以上のものもあるため、少しでも得をしたいという方であれば、以下のようなクレジットカードをメインで活用していった方がいいかもしれません。

ただし、やはりライフカードの誕生月には還元率が1.5%に跳ね上がる点は見逃せません。この1年に1度のチャンスにおいては、堂々とライフカードを活用することによって、じゃんじゃんポイント還元を受けると良いでしょう。

ライフカードの審査基準

次にみていきたいのはライフカードの審査基準についてです。クレジットカードを発行するとなった時に少なからず気になるのが、審査基準がどのような具合かということではないでしょうか。

人によっては、クレジットカードの審査に自信を持って挑むことができずにいる方もいることでしょう。ここでは、ライフカードの基本的な審査基準について、簡単に触れておきたいと思います。

ライフカードを申し込むことができる人

ライフカードを申し込むためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 18歳以上(未成年の場合は保護者の同意が必要)
  • 日本国内在住
  • 電話連絡が取れる

非常にシンプルかつ、そこまで厳しくはない条件と言えますね。高校生は対象外となっていますが、学生でも申し込みは可能です。

また、審査を有利に進めるポイントとしては、以下のようなことを挙げることができるため、ぜひ参考にしてみてください。

  • 安定的な収入があった方が有利
  • 勤続年数や営業年数が長い方が有利
  • 居住年数が長い方が有利
  • キャッシング枠を設定しない方が有利

以上はどのクレジットカードに申し込む際にも重要視されることですね。もちろん、他社からの借り入れがあったり、延滞履歴などによってクレヒスに傷がついている場合には、審査をクリアするのが厳しくなるのは言うまでもありません。

ライフカードの審査にかかる時間

ライフカードの審査にかかる時間はおおよそ、1〜3営業日とされています。もちろん、審査期間は個人によっても異なるため、審査に1週間程度の期間を要するといったケースも想定されます。

クレヒスも良好で、申請内容が信頼に値する方であれば比較的スムーズに審査を通過することができるでしょう。審査さえ通過してしまえば、後は郵送でクレジットカードが到着するのを待つだけです。

ライフカードの締め日と引き落とし日

さて、無事にライフカードの審査に通過し、クレジットカードが手元に届いた後は、締め日と引き落とし日もしっかりと確認しておきたいですよね。

引き落とし日までに必要なお金が準備できていなかった…!

といった事態を避けるためにも、以下の内容にもしっかりと目を通しておいてください。

ライフカードの締め日は毎月5日

ライフカードの締め日は毎月の5日に設定されています。一点、注意しておきたいのは、必ずしもクレジットカードを切った日が、決済日に該当するわけではないということです。

たとえば、4日にクレジットカードを使って買い物をしていても、データがカード会社に届いたのが6日以降であれば、引き落としがかかるタイミングが異なってきます。

最も確実なのはやはり、毎回きちんと明細書を確認することですね。

ライフカードの引き落とし日は当月27日か翌月3日

ライフカードの引き落とし日は当月27日か翌月3日に設定されています。

当月27日か翌月3日になるかは、指定している銀行によって異なります。参考までに、主な銀行の引き落とし日を以下に記載しておきましょう。

当月27日が引き落とし日
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • さいたまりそな銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
翌月3日が引き落とし日
  • みずほ銀行
  • 新生銀行

ライフカードの評判

さて、いよいよライフカードを実際に利用している方からの評判/口コミをみていきたいと思います。やはり実際にライフカードを使っている方の言葉には、説得力がありますよね。

これからライフカードの発行を考えている方にとって、最も有力な情報ソースの一つと言えるのではないでしょうか。

より客観的に判断していただくために、良くない評判と、良い評判の双方をピックアップしてみました。

良くない評判

まずは、良くない評判から。以下、Yahoo!知恵袋に掲載されていたやり取りです。

クレジットカード、ライフカードを使用しています。
先月27日に引き落としが完了しているのですが、今日になっても利用可能額に反映されません。
日付が変わった時点で反映されていない場合、翌営業日以降の反映になるのでしょうか。 それとも夕方など、今日中の反映は有り得るのでしょうか。。
ちなみに三菱UFJ銀行より振替です。出典:Yahoo!知恵袋

ご覧の通り、ライフカードは引き落とし日に正しく引き落としがされていても、反映までに最長で4日の営業日を要します。営業日は土日祝を含まないため、土日祝を挟むと利用可能額への反映に、1週間程度の期間を要する可能性もあるということですね。

急ぎでクレジットカードを使いたい場合などには少々厄介なデメリットです。毎回限度額ギリギリまでクレジットカードを利用するような方であれば、注意が必要と言えます。

良い評判

次に良い評判をみていきましょう。全部で3点紹介しますが、まずは学生専用ライフカードの特典に関する内容です。以下、Twitterから抜粋させていただきました。

ライフカードには、18歳〜25歳までの方が申し込むことができる学生専用のクレジットカードがあります。その大きなメリットとして、海外における利用については、5%のキャッシュバック(年間最大5万円まで)が享受できるのです。

また、最高2,000万円までの海外旅行保険も自動付帯となっているため、海外旅行好きには非常にメリットの強いクレジットカードと言えます。あなたが学生で、今後海外旅行を視野に入れているのであれば、学生専用のライフカードは間違いのない一枚ですよ。

さて、続いての良い評判ですが、AKBのファンにはたまらない内容ですね。こちらもTwitterからの引用です。

ご存知の方もいるかと思いますが、ライフカードはAKBとコラボしており、AKB48のメンバーの写真が施されたVプリカカードが当たるなどのメリットがあるのです。これだけの為にライフカードを発行しているAKBのアツいファンがどれだけいることでしょうか。

さて、最後に紹介する良い評判は、審査通過に関する内容です。以下、Twitterから拝借させていただきました。

審査通過まで8分。素晴らしいスピード感ですね。本当にきちんと審査していただけましたか?と変な疑問を抱いてしまう程に速いです。

少しでも早くクレジットカードが欲しいと思っている方にとっては非常にプラスとなる情報かと思います。やはり、申請内容やクレヒスなどに特に不備がない場合は、瞬時に審査通過の回答をもらえることもあるようですね。

ライフカードがおすすめな人

最終項でテーマに挙げたいのは、「ライフカードがおすすめな人」です。以下に1つでも当てはまる方であれば、ライフカードを持つことによってメリットを享受することができるのは間違いありません。

  • クレジットカードの決済額が大きい人
  • 年会費が無料のクレジットカードが欲しい人
  • au WALLETを普段使いしている人
  • ネットショッピングをお得に利用したい人
  • スピーディにクレジットカードを発行したい人
  • 海外旅行が好きな学生
  • AKBファンの人

早速、一つひとつに関して詳しくみていきましょう。

クレジットカードの決済額が大きい人

前述の通り、ライフカードは年間利用額が大きければ大きいほど、還元率の優遇を受けることができるクレジットカードです。

確かにデフォルトの還元率は0.5%と優れた数値ではありませんが、ロイヤルステージ(0.9%)やプレミアムステージ(1%)を達成できるような方であれば、このデメリットはさほど気になりません。

年間50万円以上の利用でボーナスポイントの300ポイントが付くのも嬉しいですね。年間200万円のロイヤルステージや年間100万円のプレミアムステージの達成はなかなか厳しくても、年間50万円のスペシャルステージ(0.75%)なら到達できる方も多いことでしょう。

au WALLETを普段使いしている人

ライフカードのMasterCardブランドを選択すれば、au WALLETへのクレジットチャージでもポイント付与を得ることができます。狙うはやはり、誕生月の大量チャージです。

年間200万円以上のクレジット利用をするロイヤルステージの方で1%の還元であることを考慮に入れると、誕生月の1.5%は驚異的な数値であることは疑いようもなく、このチャンスを生かさない手はありません。

仮に10万円分を誕生日月にクレジットチャージしたとすれば、チャージ分と決済分を合わせて2%が還元されるため、2,000円分のポイント還元を得ることができます。クレジットカードの決済タイミングを変えるだけで、大きく節約効果が変わる良い例と言えますね。

ネットショッピングをお得に利用したい人

普段からネット通販を利用している方であれば、L-mallの活用でポイントを2倍〜25倍に伸ばすことが可能となります。同じ商品、同じ買い物額にもかかわらず、ちょっとサイトを経由するだけで還元率が優遇されるのは嬉しいですね。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどが入っているため、使い勝手も申し分ありません。
何かしらの買い物をしようと思った際にはぜひ、L-mallをチェックしにいくのを忘れないように心がけてくださいね。

スピーディにクレジットカードを発行したい人

Twitterから引用した内容に、申し込みからわずか8分で審査通過の通知がきた件を記載しましたが、このことからもわかるように、ライフカードは比較的審査結果が出るのが早いと言えます。

また、高校生を除く学生の方でも申し込みができたり、そこまで年収が高くない方でも問題なく通過している例もあるため、審査もそこまで厳しいということはありません。

したがって、スピーディにクレジットカードを発行したい方にとっては、ありがたい一枚と言えるのではないでしょうか。

海外旅行が好きな学生

学生専用のライフカードは、年会費無料で作成できるにもかかわらず、以下のようなメリットがアツく、海外旅行好きの学生から強い支持を得ています。

  • 海外利用においては5%のキャッシュバック(年間最大5万円まで)
  • 最高2,000万円までの海外旅行傷害保険の自動付帯

年会費無料のクレジットカードで、ここまで海外におけるメリットが大きいカードは珍しいです。25歳までの学生であればエントリーする権利があるので、対象の方はぜひ、このメリットを活用してみましょう。

AKBファンの人

AKBの熱狂的なファンであることがきっかけで、ライフカードを発行した方も多いはずです。作成するライフカードそのものにはAKBメンバーの写真は施されていないものの、AKBメンバーの写真が入ったVプリカの存在はやはり大きい。メンバー直筆サイン入りのVプリカが当たるチャンスもあります。

AKBファンにとっては家宝にもなり得る限定Vプリカの獲得だけでなく、きちんと節約効果を上げていくことができるAKB48 CARD。あなたもぜひ、この機会に発行を検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

ライフカードはETCカード、家族カードまでを完全無料で発行することができるクレジットカードで、誕生日月に特にメリットの大きい一枚です。

25歳までの学生の方は学生専用のライフカードを発行することで、海外旅行において大きなメリットを享受することができる他、AKBファンの方は、AKB48 CARDを発行することで、限定のVプリカを入手することができるといった面もあります。

ライフカードの発行を検討している方は、ぜひ本記事を改めて参考にしていただき、大きくメリットを享受してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です