ETCカード

ETCカードを審査なし・クレジットカードなしの作り方!会社員・個人事業主・法人も!

 

高速道路で節約効果を上げるために必須のETCカードですが、クレジットカードの審査を通過することができなかったり、そもそもクレジットカードを発行することに抵抗があるような方の中には、ETCカードを作成できずに困っている方もいるはず。

しかし、そんな方にもETCカードをクレジットカードなし、審査なしで発行することが可能です!

そこでここでは、クレジットカードも審査もなしでETCカードを発行する方法をシェアしていきたいと思います。クレジットカードが作れないからといって、諦めてしまうのはまだ早いですよ。

ETCカードを審査なし・クレジットカードなしで発行する方法

結論から言うと、ETCカードを審査なし・クレジットカードなしで発行する方法はあります。

ETCカードは本来、クレジットカードからの紐付けで作成するのが一般的ですが、クレジットカードを作成できない事情がある方のために、別の方法でETCカードと同様の割引を享受できるカードを入手する方法が用意されているのです。

ここでは、そのカードを発行する方法を解説していきますね。

審査なし・クレジットカードなしで発行できるカードは2種類

審査なし・クレジットカードなしで発行できるカードは以下の2種類となります。

  • ETCパーソナルカード
  • 法人ETCカード(個人事業主でも可能)

2種類あるということはつまり、それぞれの仕様や、どんな人に向けられたものなのかが異なるということですね。早速、両者の違いを確認していきましょう。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、以下の6社が共同で発行しているETCカードです。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

ETCパーソナルカードは、機能・割引率ともに一般的なETCカードと変わりません。ETCカード発行には審査を伴わないため、クレジットカードの審査を通過できずに困っている方にとってはおすすめの一枚です。

ETCパーソナルカードの作成方法

ETCパーソナルカードの作成方法は以下の通りとなっています。

  1. 申込書を入手する
  2. 申込書に必要事項を記載し、パーソナルカード事務局に送付する
  3. 所定のデポジットを振り込む
  4. ETCパーソナルカードの到着を待つ

一見、シンプルにも感じますが、注意点として、インターネットからの申し込みに対応していないことが挙げられます。ありとあらゆることがネット一つで済むような今の時代にこの仕様は少々残念ですが、地道に申込書を入手するところから始めましょう。

ちなみに申込書は、以下のいずれかの方法で手に入れることができます。

  • 高速道路のサービスエリアでもらう
  • ETCパーソナルカード事務局に電話して送付してもらう

    ※ETCパーソナルカード事務局
    TEL 044-870-7333(土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)

    できるだけ時間をかけたくないのであれば、ETCパーソナルカード事務局に依頼するよりも、サービスエリアに直接取りにいくことをおすすめします。事務局経由だと、郵送のやりとりが増えてしまうためです。

    申込書の記入やデポジットの振込を素早く済ませることも、ETCパーソナルカードの早期発行につながります。公式ホームページを覗いてみると、デポジットの入金からカードが手元に届くまでの期間はおおよそ2週間と記載されています。

    この点を踏まえて考えると、早い方なら3週間〜1ヶ月程度でETCパーソナルカードを使えるようになるかもしれませんね。

    ETCパーソナルカードの割引額

    続いて、ETCパーソナルカードの割引額についてみていきましょう。ETCパーソナルカードで得られる割引額は、クレジットカードからの紐付けで作成される一般的なETCカードと同様です。以下、大きく分けて3種類の割引があります。

    • 平日朝夕割引
    • 深夜割引
    • 休日割引

    早速、それぞれの割引の詳細をみていきましょう。

    平日朝夕割引

    ETCパーソナルカードでは、ETCマイレージサービスを利用することができます。インターネットまたは郵送での事前登録が必要ですが、手続きさえ済ませておけば、以下の内容の平日朝夕割引を享受することができるようになります。

    なお、こちらの割引はすべての車種が対象となります。

    • 対象の時間帯
      朝6時〜9時
      夕方17時〜20時
      ※割引はそれぞれの時間帯において1日1回のみ
    • 割引概要
      ETCカードごとの1ヶ月(1日から末日まで)の割引対象となる利用回数に応じた還元率を、割引対象区間の通行料金のうち最大100km相当分に適用。
      還元分は、利用月の翌月20日にETCマイレージサービスの還元額(無料通行分)として付与
    1ヶ月の割引対象となる利用回数と還元率
    5回〜9回まで通行料金のうち、最大100km相当分を約30%還元
    10回以上通行料金のうち、最大100km相当分を約50%還元

    ※1ヶ月における利用回数が5回に達しない場合は適用なし

    なお、割引対象道路は、NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び、宮城県道路公社の仙台松島道路となります。

    深夜割引

    深夜割引も、すべての車種で割引を享受できます。

    • 割引時間帯:毎日0時〜4時
    • 割引率:30%

    割引対象道路は、NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する全国の高速道路及び、宮城県道路公社の仙台松島道路となります。※京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路を除く

    休日割引

    休日割引は、普通車および軽自動車(二輪車など)限定の割引です。割引対象日は以下の通りで、割引率は30%となっています。

    • 土曜日
    • 日曜日
    • 祝日
    • 1月2日
    • 1月3日

    また、割引対象道路は、NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び、宮城県道路公社の仙台松島道路となります。

    ETCパーソナルカードはデポジットが必要

    審査なしで通常のETCカードと同様の割引を享受できるETCパーソナルカードですが、発行する上では必ずデポジットが求められます。

    デポジットが必要な理由は、ETCパーソナルカードを使用した場合の支払いが、翌月の引き落としになることが関連しています。

    つまり、ETCパーソナルカードのデポジットには、利用〜支払いまでの期間において、通行料金の債務を保証するという意味合いが込められているのです。

    もちろん、デポジットはプリペイドカードのような前払金ではないため、通行料金の支払いに充当することはできません。

    デポジットの金額は最低20,000円

    さて、それでは気になるデポジットの金額の詳細を以下の表で確認してみましょう。

    月間平均利用額
    (5,000円単位で切り上げ)
    デポジット額
    5,000円20,000円
    10,000円40,000円
    15,000円60,000円
    20,000円80,000円

    基本ルールとして、有料道路の月間平均利用額の4倍を預けるということになっています。5,000円単位で切り上げとなるため、たとえば月間平均利用額が6,000円の場合、40,000円のデポジットが必要ということです。

    なお、デポジット金額が最低の20,000円の方については、未決済の残高がデポジットの70%に達した時点で、登録口座から口座振替によって、増額デポジットとして20,000円が預託されます。

    また、無事にETCパーソナルカードが発行できた後でも、以下に該当する場合は利用停止となる可能性があるため注意が必要です。

    • 支払いの済んでいない利用金額の合計がデポジットの80%を超える場合
    • 利用金額の支払いがない場合
    • デポジットの増額に応じない場合
    • デポジットが20,000円の方で、口座振替によるデポジット増額ができない場合

    預託すべきデポジット金額のルールを守ることや、利用料金を支払うことは当然の義務です。規定のデポジットを納めた上で、ETCパーソナルカードを正しく利用していきましょう。

    ETCパーソナルカードのメリット

    さて、ここまででETCパーソナルカードの基本的な内容はおさえていただけたかと思いますが、メリット・デメリットをここでまとめておきたいと思います。

    ETCパーソナルカードを発行する上で、何よりも大きなメリットは審査なしで発行できるという点に尽きます。そもそもこうしたETCパーソナルカードのようなカードを発行する方のニーズとしては、クレジットカードなしで発行したいとか、審査なしで発行したいという思いがあるはずです。

    そのような方々にとって、ETCパーソナルカードの存在は非常にありがたく、デポジットを支払ってでも発行したいということになるわけですね。

    ETCパーソナルカードのデメリット

    続いて、ETCパーソナルカードのデメリットをみていきましょう。主なデメリットとしては、以下のような項目を挙げることができます。

    • 最低20,000円のデポジットが必要
    • 1,234円の年会費が必要
    • ポイント還元はない

    デポジットはあくまでも預託金なので、カードさえ解約すれば返金されますが、それでもやはり、精一杯お金のやりくりをしている方にとって、最低20,000円の一時的な出費は痛いですね。

    また、年会費が必ず求められることも無視できません。クレジットカードからの紐付けで発行するETCカードの場合、年会費無料で保持できるものも多数あるため、毎年ランニングコストが必要になるのは大きなデメリットとなります。

    そして、いくらETCパーソナルカードで決済をしても、利用額に対するポイントの還元は一切ありません。一般的なETCカードの場合、基本的にはETCカード利用分に対してもマイレージによるポイント還元が得られることを思えば、この点もデメリットと言わざるを得ませんね。

    ETCパーソナルカードの詳細について『ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・かかるデポジットを解説』の記事で更に詳しく紹介しています。

    ETCパーソナルカードの作り方・発行期間・かかるデポジットを解説ETCパーソナルカードはクレジットカードが作れない方でも、審査なしで発行できるETCカードです。そんなメリットがあるETCパーソナルカードですが、実はデメリットと感じる部分もあります。まずはETCパーソナルカードの作り方や感じるメリット・デメリット・デポジットの詳細について詳しく解説しています。...

    法人ETCカード

    法人ETCカードさて、続いては法人ETCカードの詳細をみていきます。法人ETCカードは、法人や個人事業主向けのETCカードで、高速情報共同組合が発行しています。このカードの特徴やメリットは以下の通りです。

    • 高速道路のみで利用可
    • 休日および深夜割引で30%オフ
    • クレジット機能なし
    • 従業員に現金を持たせる必要がない
    • 利用明細(請求書)で管理が簡単
    • 車載器なし(手渡し)でも利用可
    • 必要枚数の申し込みができる
    • レンタカーや従業員の車でも利用可

    まさに従業員を管理しなければならない法人にとって、非常にメリットの大きいETCカードと言えます。

    法人ETCカードの作成方法

    法人ETCカードの作成方法は以下の通りです。

    1. 公式ホームページのメールフォームより申し込みをする
    2. カード申込書が郵送されてくる
    3. 申込書・必要書類を組合に返送し、出資金を入金する
    4. 法人ETCカードが発送されてくる

    こちらはホームページからの申し込みができるため、ETCパーソナルカードより幾分手続きが楽かもしれません。なお、申込書が組合に届いてからおおよそ10日程度で、法人ETCカードが発送されるようです。

    必要書類と必要経費

    さて、ここでは法人ETCカードを発行する上で必要な書類と経費について確認していきましょう。

    必要書類
    1. 商業登記簿謄本(法人の場合)※写し可
      所得税確定申告書(個人事業主の場合)※写し可
    2. 車検証(写し)
    3. ETC車載器セットアップ証明書(写し)
    必要経費
    1. 出資金(脱退時返金):10,000円/1社
    2. カード発行手数料:540円(税込)/1枚
    3. 取扱手数料:540円(税込)/1枚(年1回)
      ※上記の他、手数料として毎月の走行距離の5%が必要

    ちなみに、支払い方法に関しては以下の通りです。

    • 月末締め翌月20日頃に請求書発行、翌々月5日に口座振替

    法人ETCカードのメリット

    さて、法人ETCカードの基本情報をご理解いただいたところで、メリット・デメリットをまとめておきましょう。

    法人ETCカードの最大のメリットは、こちらもETCパーソナルカードと同様で、審査の必要がなく、法人か個人事業主であれば誰でも発行できることが挙げられます。

    特に設立して間もない法人や個人事業主の場合、クレジットカードの審査を通すのは容易でないことも多いでしょう。そういった点を踏まえれば、法人ETCカードの価値は高いと言えますね。

    法人ETCカードのデメリット

    法人ETCカードのデメリットとしては、以下のようなことを挙げることができます。

    • 出資金が必要
    • 各種手数料が必要
    • ポイント付与がない
    • ETCマイレージサービスを利用できない

    法人ETCカードを発行する上では、出資金の他に、複数の諸経費が必要となります。出資金だけならともかく、カード発行手数料や取扱手数料に加え、毎月の走行距離に対しても5%の手数料を徴収されるという仕様です。

    利用する車の数が多い企業や、走行距離が長くなるような企業の場合、相当な手数料が発生することが予測されます。審査なしで発行できるからといってほいほい手続きを進めるのではなく、事前にしっかりとランニングコストを計算しておく必要がありそうですね。

    また、ETCパーソナルカードと同じく、カード利用に対するポイント付与がないこともデメリットです。これに加え、ETC法人カードは組合の規定により、マイレージ登録をすることはできません。

    つまり、ETC法人カードでは朝夕の割引を受けることができないということ。朝や夕方の時間帯にも頻繁に有料道路を使うのであれば、ETCパーソナルカードを選択した方がお得度合いは高いでしょう。

    クレカが発行できなくてもETCカードは持てる!

    ここまでをご覧いただいてお分かりのように、クレジットカードを発行することができなくとも、ETCカードを持つことは可能です。

    ETCパーソナルカード、法人ETCカードの双方ともに、審査を伴うことなくカードを作成することができるため、クレジットカードの審査で頭打ちになっていた方には非常にありがたいですね。

    デポジットやランニングコストはどうしてもかかってしまう

    審査なしでETCカードを所有することができるのはありがたいですが、デポジットやランニングコストはどうしても必要になってくるのがデメリットです。

    ETCパーソナルカードの必要経費
    • デポジットとして最低20,000円〜
    • 年会費として1,234円
    法人ETCカードの必要経費
    • 出資金として10,000円
    • カード発行手数料として540円(税込)/1枚
    • 取扱手数料として540円(税込)/1枚(年1回)
    • 手数料として毎月の走行距離の5%

    走行距離が長くなる場合、法人ETCカードの手数料はかなり膨れ上がってしまうでしょう。したがって、ETCパーソナルカードや法人ETCカードを発行する際には、デポジットやランニングコストの計算をした上で、手続きを進めていかなくてはなりません。

    ETCカード利用によるポイント付与はない

    デポジットやランニングコストがかかる上に、ポイントの付与が得られないというのもデメリットです。高速料金の割引を得られる点を除けば、ETCパーソナルカードや法人ETCカードの利用による節約効果は期待できません。

    これらのデメリットに関しては回避のしようがないため、審査なしで発行できるというメリットに免じ、目を瞑るしかなさそうですね。

    まとめ

    クレジットカードの審査をクリアすることができない方や、クレジットカードの発行に抵抗を覚えるような方でも、審査なしで発行することができるのがETCパーソナルカードや法人ETCカードです。

    それぞれデポジットやランニングコストがかかるなどのデメリットはありますが、これに関しては回避することはできないため、目を瞑るしかありません。

    クレジットカードなし・審査なしでETCカードを発行したい方はぜひ、本記事を参考にしていただき、それぞれのETCカードを上手に活用してみてくださいね。

    年会費無料で発行できるおすすめETCカードはこちら

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です