クレジットカード

JCB CARD Wの評判は?還元率が2倍でメリットは倍増!気になるデメリットも解説

 

JCB CARD WはJCBのプロパーカードでありながら、どこで利用しても還元率が1%以上もある優秀なクレジットカードです。

JCB CARD Wを申し込みする条件に39歳までという制限はありますが、一度発行してしまえばずっと保持することができるカードです。

そんなAmazonやセブンイレブン、スターバックスなどで特に活躍してくれるJCB CARD Wについて、メリット・デメリットを解説していきたいと思います。

また、JCB CARD Wを実際に利用している方からの評判/口コミもピックアップしていくので、これからJCB CARD Wを発行しようと考えている方はぜひ、以下の内容を参考にしてみてください。

JCB CARD Wの基本情報

JCB CARD W
年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドJCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

JCB CARD WはETCカード、家族カードまでを含め、年会費無料で持つことができます。クレジットカードを保持していく上で、一切のランニングコストが必要ないのは嬉しいですね。

JCB CARD WはJCBのプロパーカードなので、国際ブランドがJCBのみです。他のクレジットカードでVISAかMasterCardを備えておくと、ありとあらゆる決済の場面で困ることもないでしょう。

基本還元率は1%

JCB CARD Wでは、1,000円の利用につき、Oki Dokiポイントが2ポイント貯まります。
Oki Dokiポイントは1ポイント5円相当であるため、還元率は1%です。

従来のJCBオリジナルシリーズのクレジットカードが1,000円につき1ポイントの還元であることを踏まえると、JCB CARD Wはその名の通り、常に2倍の還元を得ることができるハイスペックな一枚と言えます。

Oki Dokiポイントの活用法

Oki Dokiポイントってどうやって使うの?

と疑問に感じる方も少なくないことでしょう。確かにネーミングだけでは、どのように活用していいかがわからないですよね。

Oki Dokiポイントは現金キャッシュバックの他、以下のような様々なポイントやマイルへ交換することが可能となっています。

  • nanacoポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • WAONポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • au WALLETポイント
  • ベルメゾンポイント
  • スターバックスカードへのチャージ
  • JALマイル
  • ANAマイル

ご覧の通り、これだけの交換先が用意されていれば、使い勝手に不足はありませんね。

ちなみにJCB CARD Wで得られるOki Dokiポイントの有効期限は2年間となっています。短くもありませんが、特別長いということもありません。

悠長に構えていると、せっかくのポイントを失効してしまうリスクも考えられるため、ある程度ポイントがまとまれば、サクサクと消化していく方が良いかもしれませんね。

JCB CARD Wの嬉しいメリット

JCB CARD Wの基本情報に目を通していただいたところで次に、JCB CARD Wの嬉しいメリットについてみていきましょう。

通常ににおいても常に1%の還元を誇るハイスペックなJCB CARD Wですが、特約店などを活用することで、さらにスピーディにポイントを集めていくことが可能となります。

ぜひ以下の内容を参考にしていただき、JCB CARD Wの特典を積極的に活用していきましょう。

新規入会3ヶ月間はポイント2倍

新規入会3ヶ月間はポイント2倍こちらは新規入会の方に限られますが、期間限定で、入会後3ヶ月間は獲得ポイントが2倍になるという素敵なキャンペーンが開催されています。

  • キャンペーン対象期間
    2018年4月1日(日)〜2018年9月30日(日)新規カード入会分

たとえば、2018年5月に入会したとすると、2018年の8月末までがポイント2倍(+1%)の期間として設定されます。この間はどこで活用しても常に2%以上の還元を得ることができるため、ザクザクポイントが貯まることは間違いありません。

年会費無料で作成できるクレジットカードにも関わらず、還元率が2%になるのはとんでもなく大きなメリットです。

JCBオリジナルパートナーズで還元率が上がる

JCBオリジナルパートナーズというのは、還元率が優遇される特約店のことです。以下に代表的な店舗をみていきましょう。

  • Amazon:2.0%
  • セブンイレブン:2.0%
  • スターバックスカード:5.5%

ネット通販を普段から利用している方には嬉しいAmazonや、質の高い商品を提供しているセブンイレブンでも1.5%の還元を受けることができます。

また、スターバックスカードへのオンラインチャージに至っては還元率が5.5%に跳ね上がるため、スターバックスで休憩することが多い方は、これを活用しない手はありません。

ちなみに、前述の入会3ヶ月間の特典はJCBオリジナルパートナーズの特典と併用することができるのも嬉しいポイント。

たとえば、入会3ヶ月以内にAmazonを利用すれば3.0%のバックがありますし、スターバックスカードへのチャージであれば、6.5%の還元を受けることができます。使うタイミング、使う場面によって、一気に節約効果を高めることができるのがJCB CARD Wなのです。

Oki Dokiランドでネットショッピングもお得

Oki DokiランドJCB CARD Wで大きくメリットを享受できるのは何もリアル店舗に限った話ではありません。JCB会員限定の『Oki Dokiランド』を経由した上で、対象の店舗で買い物をすることにより、還元率をさらにアップさせることができます。

クレジットカードの利用分に加え、ポイントの上乗せがある主な店舗を確認してみましょう。

0.5%の上乗せ
  • Amazon
  • 楽天市場
  • LOHACO
  • Yahoo!ショッピング
  • ポンパレモール
  • セブンネットショッピング
  • SEIYUドットコム
  • FANCL
  • 爽快ドラッグ
  • Apple Store
  • TSUTAYAオンライン
  • エクスペディア
  • グルーポン
  • ジーユーオンラインストア
  • i LUMINE
  • ABC-MART.net
1%の上乗せ
  • ベルメゾンネット
  • ビックカメラ.com
特に優遇
  • ニッセン:1.5%
  • DHCオンラインショップ:1.5%
  • JAL:2%

入会後3ヶ月以内であれば、これらの数値に+1%が加算されます。Oki Dokiランドでは常に、何かしらのキャンペーンが開催されているため、ちょくちょくサイトを訪れていれば、思わぬラッキーなタイミングに出くわすかもしれませんよ。

最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

JCB CARD Wで事前に『搭乗する公共交通乗用具』または『参加する募集型企画旅行』の料金を支払った場合、海外旅行傷害保険が適用されます。いわゆる利用付帯というものですね。

保険の種類保険金額(最高)
死亡後遺障害2,000万円
傷害治療費用1回の事故につき100万円限度
疾病治療費用1回の病気につき100万円限度
賠償責任1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用100万円限度

最も利用頻度が高い疾病・傷害の治療費用(医療費)に対する保障も最高100万円と充実しているのが嬉しいポイント。ちなみに、異なるカード会社の海外旅行保険付きクレジットカードを複数所有している場合は、死亡・後遺障害以外の補償額は合算されます。

旅先ではどんなトラブルに見舞われるかわかりませんから、旅行傷害保険による安心感は是非とも備えておきたいですね。

海外ショッピングガード保険も付帯

海外のみにはなりますが、JCB CARD Wにはショッピングガード保険も付帯されています。条件は以下の通りです。

  • 購入日から90日間
  • 年間最高100万円まで
  • 1件につき、自己負担額1万円

自動車や自転車、携帯電話など、一部対象外となる品物もありますが、特に高価な買い物をする時には、JCB CARD Wによる決済を忘れないようにしたいですね。

女性向けのJCB CARD W plus Lは格安保険も充実

JCB CARD W Plus LJCB CARD Wには、女性向けのクレジットカードとして、JCB CARD W plus Lも用意されています。基本的なスペックはJCB CARD Wと同様ですが、ピンクを基調とした女性向けのデザインに加え、以下のような特典が付随しています。

  • LINDAリーグ
  • LINDAメール
  • cinema LINDA
  • お守リンダ

特筆すべきは、格安で女性特有の病気に備えた保険に加入することができるお守リンダです。月々数百円といった良心的なランニングコストで、安心感を得ることができます。

保険には加入しておきたいけど金銭的に厳しいと思っていた方にとっては、非常にありがたいスペックと言えるのではないでしょうか。

JCB CARD Wの気になるデメリット

さて、ここまではJCB CARD Wのメリットをみてきましたが、ここでデメリットにも目を向けていきたいと思います。

JCB CARD Wはとても優秀なクレジットカードなので、「このデメリットは痛い…。」と思うほどのものはありませんが、年齢制限がある点や、国際ブランドに選択の余地がない点などは、人によってはデメリットとなってしまいます。

以下、それぞれについての解説を進めていきましょう。

40歳以降の方は作成することができない

Amazon、セブン&アイホールディングス、スターバックスなど様々な使い勝手の良い店舗においてメリットを享受することができるJCB CARD Wですが、入会条件が39歳までとなっており、40歳を超えてから作成することができません。

  • 39歳以下:申し込み○
  • 40歳以上:申し込み×

すでに40歳以上の方からすると残念ですが、他のスペックの良いクレジットカードを探すしか方法がないでしょう。

ちなみに、39歳までに申し込みを済ませ、一度発行してしまえば、40歳以降でも使い続けることは可能ですよ。

国際ブランドがJCBしか選択できない

国際ブランドに対して特にこだわりのない方であれば気にならないかもしれませんが、JCBは海外で決済そのものができない場面に出くわすことがあります。

実際に私も、JCBのクレジットカードだけしか保持していない時期があったのですが、かねてから欲しかった商品を購入しようとした際に、VISAもしくはMasterCardのクレジットカードでなければ決済できないことに気付き、悔しい思いをしたことがあります。

すぐにVISAかMasterCardのクレジットカードを作成しようと思い立ったのは言うまでもありません。決済ができる加盟店というフィールドにおいては、どうしてもJCBはVISAやMasterCardに遅れを取ってしまうのです。

冒頭でも示した通り、回避策は、他のクレジットカードでVISAかMasterCardを一枚でも発行しておくと良いでしょう。

JCB CARD Wの審査基準

ここまでで、JCB CARD Wのメリット・デメリットは十分に把握できたでしょうか。続いて、JCB CARD Wの審査基準についてみていきたいと思います。

どれだけスペックの良いクレジットカードだとしても、審査基準を満たすことができなければ元も子もありません。クレジットカードの審査に少しでも不安を感じる方は特に、以下の内容にしっかりと目を通してみてくださいね。

JCB CARD Wを申し込むことができる人

JCB CARD Wを申し込むためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入がある
    ※未成年の場合は保護者の同意が必要。
  • 日本国内在住
  • 電話連絡が取れる

前述の通り、39歳までの限定カードとなっています。高校生は対象外となっていますが、学生でも申し込みは可能です。

審査を有利に進めるポイントとして、以下のようなことを挙げることができるため、参考にしてみてください。

  • 安定的な収入があった方が有利
  • 勤続年数や営業年数が長い方が有利
  • 居住年数が長い方が有利
  • キャッシング枠を設定しない方が有利

これらはどのクレジットカードを申し込む際にも重要視されることですね。

また、これはJCB CARD Wに限った話ではありませんが、他社からの借り入れや延滞履歴などがある場合については、審査をクリアできる可能性が低くなることは言うまでもありません。

JCB CARD Wの審査にかかる時間

JCB CARD Wの審査にかかる時間はおおよそ、1〜3営業日とされています。もちろん、審査期間は個人によっても異なるため、場合によっては1週間程度の期間を要することもあります。

申請内容やクレヒスが良好な方であれば、審査〜カード発行までがスムーズに進み、うまくいけば3日〜10日ほどで登録した住所にクレジットカードが届けられるかもしれませんね。

JCB CARD Wの締め日と引き落とし日

続いて確認していきたいのは、JCB CARD Wの締め日と引き落とし日についてです。

締め日と引き落とし日をそこまで重要視していない方も中にはいるかもしれませんが、こうした情報を把握していないことによって、引き落としが正しく行われないといったリスクが起こり得るのも事実です。

しっかりとお金の管理を進める上でも、締め日と引き落とし日の管理を軽視してはいけませんよ。

JCB CARD Wの締め日は毎月15日

JCB CARD Wの締め日は毎月15日に設定されています。前月16日〜当月15日までの利用分が、次回の支払い分として計上されるということですね。

月のちょうど真ん中にあたるので、比較的把握しやすい日程と言えます。慣れるまでは、しっかりとスケジュール帳などで管理しておくと良いでしょう。

JCB CARD Wの引き落とし日は毎月10日

JCB CARD Wの引き落とし日は毎月10日に設定されています。前月16日〜当月15日までの利用分が、翌月の10日に引き落としされるということですね。

ちなみに10日が土日祝に該当する場合、引き落としは翌営業日となりますが、ここに依存してしまうと最悪の場合、引き落とし日にお金の準備が間に合わなくなることも考えられるので注意が必要です。

指定されている口座への入金は、常に余裕を持って行うことを習慣にしましょう。

JCB CARD Wの評判

さて、ここからはJCB CARD Wを実際に利用している方からの評判/口コミをみていきたいと思います。これからJCB CARD Wを発行しようと考えている方にとっては、非常にありがたい情報源となることは間違いないでしょう。

より客観的にJCB CARD Wのリアルに触れていただくため、良くない評判と良い評判の双方をピックアップし、考察してみました。

良くない評判

まずはJCB CARD Wの良くない評判からみていきましょう。以下は、Twitterに掲載されていた年齢制限に関する口コミです。

きっと口コミを掲載された方は、40歳以上の方だったのでしょうね。あふれんばかりのJCB CARD Wのメリットを知った後に年齢制限の事実に触れると、そのショックはより大きいものとなりそうです。

40歳以上の方がJCB CARD Wを発行する方法はないので、このデメリットは回避のしようがありません。まだ40歳を迎えていない方はぜひ、今のうちにJCB CARD Wを発行しておきたいですね。

良い評判

続いてJCB CARD Wの良い評判です。3件連続でピックアップしてみました。まずは、審査のスピードに関する内容です。以下、Twitterから拝借させていただきました。

たったの20分で審査が通過したら嬉しいですよね。特に、審査をクリアできるかどうか不安だった方であれば、その喜びと安堵感はひとしおでしょう。

JCBのクレジットカードは一般的に審査が厳しいと言われていますが、JCB CARD Wの場合は、そこまで審査が厳しいという評判/口コミは出ていません。

実際に、年収がそれほど高くない方や、非正社員の方でも審査をクリアしている例はあるのです。クレジットカードの審査に不安を覚えている方でも、JCB CARD Wであれば、難なく通過することができるかもしれませんね。

次に紹介するのは、おそらくAmazonやセブンイレブン御用達の方からの投稿です。
こちらもTwitterより引用させていただきました。

楽天と並び、ネット通販の2大巨頭に位置付けされているAmazonや、質の高い商品を提供し続けているセブンイレブンなどで常に3倍のポイントを獲得できるのはやはり嬉しいですよね。

私もAmazonやセブンイレブンに加え、イトーヨーカドーやスターバックスも普段使いしています。まさに私のような方が、JCB CARD Wを発行するのにぴったりだということです。

最後に紹介するのは、JCB CARD W plus Lのデザインに関する口コミです。以下、Twitterに掲載されている内容を抜粋しました。

JCB CARD W plus Lのデザインはシンプルですが、やはりピンクを基調としている部分が女性心をくすぐるのでしょう。

クレジットカードはお会計の時くらいしか財布から登場させることはありませんが、それでもやはり、自身の持ち物のデザインにはこだわりたいというアツい気持ちを持った方は多いことでしょう。

JCB CARD W plus Lを財布から出す度に気持ちが高まるのであれば、それはとても素敵なことですよね。

JCB CARD Wがおすすめな人

最終項でテーマに挙げたいのは、「JCB CARD Wがおすすめな人」です。

以下の項目に一つでも該当する方であれば、JCB CARD WやJCB CARD W plus Lを発行することで、大きなメリットを享受することができるのは間違いないでしょう。

  • 年会費無料でとにかくザクザクポイントを貯めたい人
  • JCBオリジナルパートナーズを普段使いしている人
  • ポイントの使い勝手を重視したい人
  • 審査をスピーディに進めたい人
  • ネットショッピングをお得に楽しみたい人
  • 海外旅行への頻度が多い人
  • 女性特有の病気に対し、安心感を備えておきたい人

早速、それぞれの項目について、解説を加えていきますよ。

年会費無料でとにかくザクザクポイントを貯めたい人

JCB CARD Wに今新規入会すると、新規入会後3ヶ月間はポイントが2倍になるキャンペーンが展開されています。キャンペーンは9月末までの期間限定なので、対象期間を過ぎると、この特典は得られなくなるかもしれません。

  • 通常:1%
  • 入会から3ヶ月:2%

同じクレジットカードを発行するのであればやはり、メリットが大きいタイミングで発行した方が良いと思うのは誰だって同じですよね。

このポイント2倍(+1%)の特典は、JCBオリジナルパートナーズやOki Dokiランドにおいても併用できるため、非常に幅広い場面で活用できるメリットと言えます。

ぜひキャンペーン期間が過ぎ去ってしまう前に、JCB CARD Wをチェックしておきましょう。

JCBオリジナルパートナーズを普段使いしている人

Amazonやセブンイレブン、スターバックスなどの誰でも知っていて使い勝手の良い店舗を特約店として網羅しているのは強いですね。人によっては毎日のように、還元率が優遇される方もいることでしょう。

入会後3ヶ月以内であれば、これらの店舗における還元率は以下の通りとなります。

  • Amazon:3.0%
  • セブンイレブン:3.0%
  • スターバックスカード:6.5%

スイスイポイントが貯まっていくイメージを描くことができますね。ちなみにスターバックスは、クレジットカードで商品を購入するよりも、スターバックスカードにチャージしてから利用した方が還元率が高まることをおさえておきましょう。

ポイントの使い勝手を重視したい人

スピーディに貯まったポイントは2年以内に、使い勝手の良いポイントへサクサク交換していきましょう。

  • セブン&アイホールディングス御用達の方はnanacoポイントへ
  • 楽天系列で使いたい方は楽天スーパーポイントへ
  • 幅広いリアル店舗で活用したい方はTポイントへ
  • スターバックスファンの方ならスターバックスカードへチャージ
  • 飛行機をお得に利用したい方はANAマイルやJALマイルへ

貯めたOki Dokiポイントをどのように活用しようか迷ってしまうほどに、魅力的な選択肢がありますね。ここまで幅広く使い道が網羅されていれば、ポイントの使い道に困るといった心配はまずないでしょう。

審査をスピーディに進めたい人

一般的に審査が厳しいとされているJCBブランドのクレジットカードですが、JCB CARD Wの場合は、そこまで厳しいということもありません。

前述の通り、ものの20分で審査通過の通知を受け取っている方もいるところを見ると、申請内容やクレヒスにさえ問題がなければ、審査も比較的スイスイと進むようです。

したがって、審査をスムーズに進めたい方は、JCB CARD Wにエントリーしてみると良いかもしれませんね。

ネットショッピングをお得に楽しみたい人

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの使い勝手の良い店舗を網羅しているOki Dokiランドでも、ポイントの上乗せを得ることができるのは嬉しいですね。ネット通販を普段から利用している方であれば、サイトの経由を忘れずに行うようにしましょう。

常にどこかしらの店舗がキャンペーンによって、獲得ポイントが大幅にアップしているため、お目当ての店舗がポイントアップの対象になっている際には、すかさず活用しておくのがおすすめですよ。

海外旅行への頻度が多い人

JCB CARD Wは最高2,000万円までの海外旅行傷害保険が利用付帯で付帯しています。また、海外におけるショッピングに対しても、年間最大100万円までであれば、ショッピングガード保険が付帯となるため、海外旅行が好きな方にとってはぴったりのクレジットカードとも言えます。

どちらの保険に関しても、自動付帯ではなく利用付帯なので、代金をJCB CARD Wで決済しておく必要があることには注意しておきましょう。

女性特定の病気に対し安心感を備えておきたい人

女性向けのJCB CARD W plus Lには、有料オプションとして、女性特有の病気に対する保険に加入できるプランが用意されています。

乳がんや子宮がん、子宮筋腫といった病気はいつ何時、女性の体を襲うかわかりません。できればランニングコストを抑えつつ、こうした病気に対する保険を備えておきたいと思う女性は少なくないことでしょう。

そんな方におすすめなのが、月額290円〜の加入が可能なJCB CARD W plus Lの女性疾病保険です。もちろん、JCB CARD Wで得られるメリットは全て網羅しているため、節約効果を上げながらも、格安保険による安心感を合わせて享受することができますよ。

まとめ

JCB CARD Wは年会費無料で発行できるクレジットカードであるにもかかわらず、非常に使い勝手の良い特約店で大きく還元を得ることができる一枚です。

残念ながら、40歳以上の方は発行することができませんが、39歳までに発行手続きを済ませておけば、40歳以降でもカードを活用していくことはできます。

女性特有の病気に備えておきたい方は、ピンクを基調とした可愛らしいデザインが施されたJCB CARD W plus Lをチョイスしましょう。JCB CARD Wで得られるメリットに加え、有料オプションとして、格安保険に加入することができますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です